代表者コラム

筆界特定制度に不満あり!(一筆地特定制度の提案)

筆界特定制度とは、土地の境界に争いがある場合、法務局に申請することで「筆界登記官」が境界の位置を特定してくれるという、とても良い制度です。
平成17年にこの制度が出来ましたが、それ以前は、当事者で話し合いがつかない場合、裁判で決着するしかありませんでした。
裁判は「争って」「勝ち負け」を付けることですから、裁判が終わっても当事者の争いが終わらないことが多いように思います。

私も当事者の境界認識が平行線をたどっている場合や、感情的な理由で境界の同意を拒まれているケースでは「筆界特定制度」の利用を進めています。
当事者で争うよりも役所に決めて頂いた位置でお互い納得しませんか?と提案します。

でも、この筆界特定制度に不満もあります。
下図のようにA地の所有者とだけ境界の協議が難航した場合、筆界特定制度ではA地との筆界しか申請できません。
でも、A地との境界線はB地やD地の所有者とも利害関係のある線です。
筆界特定の結果次第では、最初に合意した筆界線と筆界特定で定められた線とが食い違い、今度はBさんやDさんが納得しないかもしれません・・・。
筆界特定終わってまた筆界特定ではシャレになりません・・・。
そもそも、測量地を囲むすべての境界線を明らかにしてほしいのが所有者の願いなのですから、筆界特定制度は一筆地すべての筆界を扱う「一筆地特定制度」であるべきだと思います。
そのように打ち明けると、「そうですよね・・・」と言ってくださる登記官の方もいらっしゃいます。
早く一筆地特定制度が創設されることを願っています。